安達健さんの器

DSC_3283_original

例えば上2枚の写真にある緑灰釉の器(上)と、黄灰釉の器(下)は共に同じ土を使っています。

緑灰釉の器は色々な植物が混ざった灰を使った釉薬を掛け、1300℃以上の高い温度、酸素を入れない状態(還元焼成)で焼くのに対して

黄灰釉の器は桧の灰を使った釉薬を掛け、1200℃強程度のやや低めの温度、酸素を入れた状態(酸化焼成)で焼きます。

同じ土を使えども、それぞれに合った器の形を考えて轆轤を挽いています。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です