安達健 陶展 開催中

「あちらがわの呟きに つと耳をそばだてる あちらがわの一足に すと手を差し伸べる」

安達健さんは手に入る最低限の原土を、精製せずにご自身で叩いて粘土にして器を作ります。

安達さんの器作りは土選びが基本となります。

出来上がりを想定して作るというよりその土の語りかけに応じるかのように、木の灰などを元にした最低限の釉薬を掛け、いくつかの焼き方を試しながら、生まれてくる作品を受け入れます。

そうして生まれた器には派手さはないものの、使う人に余白を与えてくれる様な懐の広さがあります。

安達さんの器を購入する方は、使ってから何年かの事を考えながらご購入される方が多い気がします。

そんな風に選んでくださるお客様の反応にとても嬉しくなるのです。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です